スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外構と造園

「外構」 「造園」 「エクステリア」 「庭師」
私達の仕事は、時に様々な呼ばれ方をします。
では、そこに一体どんな違いがあるのでしょうか。


外構とは、居住、生活する建物の外にある構造物全体を指す言葉で、
そこには、門・塀・車庫・アプローチなどと共に植栽も含まれるそうです。
別名をエクステリア(Exterior)と呼ぶのですが、エクステリアの場合は
建築を取り巻く構造物という意味より、建物を取り巻く空間、あるいは環境と位置づけされ、
そこにはインテリアのように装飾性、機能性、娯楽性が大きく含まれる。とあります。

ということは、外構の視点で見ると、植栽もその他の構造物と同じように、
外の空間を構成する要素の一つ、と捉えていると言えるでしょう。

一方、造園はどうでしょうか?

造園という言葉には、小さな坪庭から大規模な公園までを表す幅がありますが、
今回は住宅における造園という意味で捉えたいと思います。
そうすると、個人住宅における庭園・庭・外構の創出となります。

つまり、造園の中には外構を造ることも含まれているのです。
更に「庭」という空間においては、植栽をとても重視します。
日本人はその歴史の中で、庭に自然を取り込み、自然と共にあろうとする文化を
築いてきたからです。

また、「庭師」とは、庭の空間設計から施工・管理までを行う人のことです。

このような呼び方はどれも当たっていると言えます。
ただ最近は、自社のことを外構店と言ったり、造園と呼んだり、
エクステリアショップと看板を出していたりして、よく分らないというお客様の声を耳にします。

結論から言うと、どこも仕事として行うことは同じです。
家の外の空間を造っています。

ただし、デザイン力や施工力にはかなりバラつきがあると思います。
また、中には造るだけで管理はしない会社もありますし、
逆に管理しかしていないような会社もあります。(公共工事中心の会社は除きます)

一般的に「外構」「エクステリア」と名乗っている会社は、
元々ブロックや金物を中心に扱っていたところが多く、
植栽についての知識がそこまで豊かではないような感じがします。
「造園」と名のつく会社は、植栽に関する知識や管理・剪定などの技術を
持っているところが多いと思います。

私の家は、祖父の代から50年続いてきた「造園」です。

ですから個人的には、最近の家に多いコンクリートや構造物だけの殺風景な外構は、
正直「う~ん…」という感じです。モダンやスタイリッシュという言葉にごまかされていて、
自然と一体となってきた日本の家の文化を思うと、すごく切なくなります。

コテコテの和風庭園だけがいいというわけではありません。
文化は時代と共に移り変わっていくものです。
その時々の流行りもあります。

ただ、日本の長い歴史や自然と共生する文化が融合する「庭」「外構」を
デザインするときに、予算や工期などの都合で簡単にまとめて終わらせて
しまっているような家を目にすると、とても悲しい気持ちになるのです。

少なくとも私は、庭や外構のデザインをするときには、どれだけお客様の話を聞き、
机の前で悩んだかが重要だと思いますし、造園に関する知識だけではなく、
建築・土木などの周辺分野はもちろん、デザイン・インテリア・ファッションなどの
文化についても様々な知識を持っている必要があると考えています。
そして、そのための勉強も常に行うべきだと思っています。


「外構」 「エクステリア」 「造園」 「庭師」

出す看板は自由です。
どれがいい悪いではなく、どのような考えや意識を持って
お客様の住まいの外空間を創ろうとしているか。
それが重要なのではないでしょうか。

今後、新築やリフォーム、またはお庭のリフォームを考えられている方は、
デザイナーや担当者がどんな考えで仕事をしているか、といった点に注目して
外構・造園会社を選ばれてみてはいかがでしょうか?

参照:Wikipedia
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : ビジネス

後輩作

今日は母校に行ってきました。

博多にある造園の知識や技術を教える専門学校なんですが、
庭に使える下草類を分けていただけるということで、ダンプに乗って出掛けてきました。

学校では、一つ下の学年の後輩たちの卒業制作の庭が完成していたので紹介しますね。

IMG_0062_convert_20090331012747.jpg


IMG_0058_convert_20090331012637.jpg


IMG_0061_convert_20090331013419.jpg

なかなかの力作です。
施工は全て学生達で行っています。
後輩たちに負けないように頑張らねば!

theme : 日記
genre : ビジネス

自社ブランド

…というとなんだかカッコイイですが。

とにかく100年に一度の大不況といわれる現在、この業界を変えていきたい!
というか、変わっていかないと先はない!!と思いまして、新しい戦略のもと、
社内プロジェクトとして今までやってなかったようなことをやっていこうと決心しました。
まあ、このブログもその一環なんですけどね…

ただ、


「業界って何? ああ、造園。 …造園って何? 木を切るやつ?」


という方もいらっしゃるでしょうから、私の仕事の業界について少し説明しますね。

「造園」の仕事をわかりやすく言うと、お庭の設計をして、造って、管理すること、です。
新築で家を建てる、リフォームで家を増改築する、またはお庭のリフォームをする、
というような時に、お客様または住宅メーカーの依頼を受けて、お庭を設計します。
そして、石や樹木や構造物など色々な素材を使ってお庭を造り、完成した後は
お庭の樹木の手入れなどの管理をします。

その歴史は古く、飛鳥時代から現代に至るまで、様々な時代の文化と融合しながら
発展してきた伝統ある仕事です。
最近では造園屋さんというと、庭の樹木を剪定してくれる人というイメージが
強いのかもしれませんね。
こういう話をすると、「へ~、造園ってそんなこともするんだ~」っていう人、意外に多いですからね。

実際に、○○造園って看板を出していても、樹木の管理や芝刈りしかしません
っていう会社も多いです。
「庭作る仕事?全然ないよ。公共工事か、剪定ばっかりやね。」
と仰っている造園会社の社長さんも結構いらっしゃいます。

でもそれじゃいけない。このままじゃ造園業界の未来はない。
と、考えて冒頭の自社ブランドの話に戻るわけですが、ちょっと長くなりましたので、
詳しい話はまた今度。。。

theme : ビジネスブログ
genre : ビジネス

ブログ『SMILE GARDEN PROJECT』スタート!!

本日よりブログスタートいたします。
その名も「スマイルガーデンプロジェクト」
なかなかいいネーミングだと自画自賛しています。

…と、言ったところでまだ誰も見てないだろうけど。。。

いずれは多くの人に愛されるブログにしていきたいと思っています。
皆さん、どうぞ宜しく。

theme : プログはじめました☆
genre : ブログ

プロフィール

藤田一樹

Author:藤田一樹
藤田一樹のプロフィール

■楓スタイル
〒822-0005
福岡県直方市永満寺2298-1
TEL:0949-28-9090
FAX:0949-22-4744
携帯:080-1715-0281
E-mail:info@kaede-style.net

お問い合わせ・ご相談は
お気軽に!
電話、FAX、メール、または
コチラのフォームからどうぞ。
http://www.kaede-style.net/contact/index.html


■■■■■■■■■■■■■■
庭・外構づくりの注意点や考え方が分かる、楓スタイルのホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kaede-style.net/


■■■■■■■■■■■■■■
最新の施工事例はコチラ!
http://niwaweb.blog16.fc2.com/blog-category-9.html

■■■■■■■■■■■■■■
■twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png

■mixi「kaede-style」でマイミク募集中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。