スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズ:造園史 vol.001

先週の定期連載予告から、はや一週間…

急に忙しくなりなかなかアップできなかった訳ですが。。。



…すみません。言い訳はやめます


今日からチョコチョコ書いていければと思っております!


今回は日本の庭園・造園の歴史についてです。




■飛鳥時代の庭園

日本の庭園は、7世紀頃に大陸文化の影響を受けながら誕生
したと言われています。
そして、日本人の自然と共にあろうとする意識や、建築様式の
変化、またその時々の宗教や思想によって日本独特の庭園文化
が築かれてきました。

飛鳥時代とそれ以前の庭園については不明な点が多く明らかには
なっていません。

しかし、「日本書紀」の内容から多少の様子をうかがい知ること
ができるほか、近年、庭園遺構の発掘が急速に進み、その実態が
明らかになりつつあるそうです。



飛鳥のいくつかの遺構からは、方形の池が発掘されており、この
時代の庭園は、四角いかたちの池を中心とした、祭祀施設と庭園
施設の中間的役割を担うものと考えられています。

そしてそこには、独特の形状の石が据えられていました。

この石というのが非常に興味深く、亀の形をした桶のようなもの
であったり、大きな石の表面を削り模様のようにしたもので
あったりと、この時代に石を細かく加工する技術があったのだと
感心させられます。


その中の一つ、「須弥山石(しゅみせんせき)」は重要な石です。


石神遺跡から出土し、饗宴の装飾装置であったとされるその石の
形状は、山並みのような模様を付けた大きな石を積み重ねたもので、
高さは2.3メートル、直径1.4メートルで噴水のような構造をしています。

古代インドの宇宙像、「九山八海(くせんはっかい)」では、
「世界は九つの山と八つの海で構成されている」と信じられており、
その中心となる山が須弥山でした。

須弥山に見立てて据えた石は、その後、日本の築山や石組の造形へと
発展していきます。

この世界観は仏教にも取り入れられて、石に仏の名をあて、中心を
如来仏、左右を菩薩仏とみる「三尊石組」と呼ばれる石組となります。



ところで、現在私達が使用する「庭園」という言葉は、明治になって
使われ始めたものであることをご存じでしょうか?

飛鳥時代には大きな池が掘られ、中之島がつくられたことから、庭園は
「シマ」と呼ばれていました。

中でも歴史の教科書で有名な蘇我馬子は、敷地内に島宮庭園をつくった
とされていて、「シマの大臣(おとど)」と呼ばれていたそうです。


この時代の庭園は、私達が連想する日本庭園とは大きく異なり、
四角い池と様々な形をした石造物によって一種、儀式の装置的な
ものでもありました。

しかし、その一方で海景表現としての浜や中之島がつくられるなど、
自然風景式の姿も垣間見えることや、宗教や思想の具現化といった
ことも含んでいる点から、日本庭園の黎明期として捉えることができます。




連載シリーズ第一弾、いかがでしたか?

話がかたいとか、庭トリビアをもっと教えてほしいとか、他に連載して
ほしい項目があるとか、何でも結構ですので、意見をいただければ
うれしいです。

よろしくお願いします。

次回は、奈良時代、平安時代の庭園を予定しています。


楓スタイルのホームページもよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓
楓スタイルホームページはコチラ
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

ホームページ完成!

藤田造園の自社ブランド、
『楓スタイル』のホームページが完成しました!


楓スタイルは、外構やお庭の計画・設計・施工・メンテナンスの
専門ショップとして立ち上げた新規の事業です。

新規とはいっても、祖父の代から50年以上続く造園の伝統は
活かしつつ、現代の建築にマッチしたデザインとの融合を図る
ことを目指しています。


今回作ったのは、ホームページというより、外構やお庭に対する
意識が低い方に、もっと家の外のことを考えてみてはいかがでしょうか?
という問題提起がメインのページです。

外構についての意識が低いと損をする。
逆に、外構に気を配るだけで建物の価値がこんなにも上がる。

そんなことを、実際の施工例や失敗談で知っていただければと
思っています。

楓スタイルホームページはコチラ

theme : 日記
genre : 日記

定期連載

このブログの存在価値とは何か?

自分がインプットした知識をアウトプットする場としての役割を明確にすることで、
自身の成長と価値ある情報の提供を同時に行うことができるのではないかと考えました。

そこで、コンテンツを充実させ、定期的に連載いたします。


現在考えているラインナップとしては、

■造園史
 日本の庭や海外のガーデン。
 時代ごとに建築を取り巻く空間はどのように変化していったのか。
 現在、未来の外空間を考える上でも歴史を紐解くことは重要です。

■庭園紹介
 各地の庭園やランドスケープとその見どころを紹介していくコンテンツ。
 庭園紹介とはしたものの、歴史的価値の高い名園等にはこだわらず、
 今昔のカッコイイ空間を取り上げます。

■ガーデニング講座
 土や植物と触れ合うことに興味をお持ちの方のために、基礎知識から
 植物の育て方のコツまでをご紹介。
 自分自身、花や観葉植物については知識不足だと思っているので、
 学びの場になればと考えています。
 
■オススメ本紹介
 読んで面白かった本の案内、紹介。
 庭、ランドスケープ、建築等の専門書からビジネス書、小説、漫画に至るまで、
 ジャンルは基本的に何でもアリでいこうと思います。

■デザインについて
 近々、デザインをテーマにした勉強会を定期開催しようと企画しているので、
 会の様子や内容をまとめたレポートをアップします。

こんな感じです。

内容につきましては、予告なく変更する場合もございますのでご了承下さい。
それでは、来週からの連載に乞うご期待!

theme : 日記
genre : 日記

直方市T様邸 エクステリア工事④

駐車場のコンクリート打設作業と植栽作業を行いました。

s-画像 155



s-画像 161



s-画像 160

植栽が入ると、柔らかさがプラスされて家の印象もぐっとよくなります。
他工事との兼ね合いで少し作業は空きますが、完成まであと少しです。
仕上がりが楽しみです。

theme : 仕事の現場
genre : ビジネス

受注

北九州市八幡西区のT様より、和室前のガーデン工事の
受注をいただきました。

ありがとうございます!一生懸命、施工させていただきます。

奥様用の花壇もできますので、季節の花などを植えて楽しんでくださいね。

theme : 日記
genre : 日記

プロフィール

藤田一樹

Author:藤田一樹
藤田一樹のプロフィール

■楓スタイル
〒822-0005
福岡県直方市永満寺2298-1
TEL:0949-28-9090
FAX:0949-22-4744
携帯:080-1715-0281
E-mail:info@kaede-style.net

お問い合わせ・ご相談は
お気軽に!
電話、FAX、メール、または
コチラのフォームからどうぞ。
http://www.kaede-style.net/contact/index.html


■■■■■■■■■■■■■■
庭・外構づくりの注意点や考え方が分かる、楓スタイルのホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kaede-style.net/


■■■■■■■■■■■■■■
最新の施工事例はコチラ!
http://niwaweb.blog16.fc2.com/blog-category-9.html

■■■■■■■■■■■■■■
■twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png

■mixi「kaede-style」でマイミク募集中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。