スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金、減ってる?増えてる?

先日お会いしたビジネス書著者の方をご紹介します。

その名も・・・


マネー・ヘッタ・チャン!(さん)


■プロフィール
「小難しいことを簡単に」をモットーとするビジネスサブカルチャー作家。
本業は、5年間負けなしのプロ投資家。
現在数億円を運用しながら、作家として金融世界でマネー減っちゃった
可哀想な人たちの痛面白い話を、実体験を交えながら紹介している。
投資家としての成績は、5年平均で毎年約20%。
日経平均が半分になった2008年も10%以上の成績を残し、市場平均を
60%超える好成績。
座右の銘は「人間は過去を繰り返す生き物である」


実際にお話をしてみると、「すごく人のいいお兄さん」といった雰囲気で、
気さくにお金や勉強のアドバイスをして頂きました。


そんなナイスガイな投資のプロが書いた本がコチラ。


ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話

経済界 2009-11-25
売り上げランキング : 41

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タイトルにマネー版グリム童話とあるように、中身はイラストも多く、読みやすい雰囲気。

しかしその内容は、現代日本に蔓延る、あらゆるマネー詐欺の手口を公開したもの。


「予言が当たる人」の真相、有名人気著者の儲けの手口、砂上の楼閣の「年金制度」、
社会企業募金の裏側、弁護士による借金の無料相談のワナ、・・・

などなど、少し考えれば分かりそうなものばかりですが、それが分からないのが
人間というもの。

人を騙す手口は昔から同じなのに、相も変わらず引っ掛かってしまう人間の浅はかさ
を感じます。

童話形式ですが、それがどの企業や誰を指しているのかはバレバレで、かなり
際どい内容になっています。


「詐欺に引っ掛かるなんてバカだ!」「私は絶対に騙されない!」


なんて言ってる人ほど、あっさりと騙されているもの。

一つのことを常に色々な角度から検証し、簡単に騙されないようにするためにも
読むことをオススメする本です。


――――――――――――――――――
応援のクリックを頂けると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓
banner_21.gif

twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png


藤田一樹が経営するエクステリアやお庭の専門店「楓スタイル」のサイト(http://www.kaede-style.net)

お問合わせは
0949-22-4743
または
コチラのお問合わせフォーム
まで!!
スポンサーサイト

theme : 書籍紹介
genre : 日記

犬と鬼

11月17日のセミナーで参考文献として使用した本をもう一冊紹介します。


参考①:11月17日のセミナー
参考②:セミナーでの参考文献その1 「世界一の庭師の仕事術」

セミナーの感想の中にもありましたが、日本の乱れ切ったまちなみが、
これまでの、また、現在の日本の姿勢を表しているのだと思います。


犬と鬼―知られざる日本の肖像犬と鬼―知られざる日本の肖像
Alex Kerr

講談社 2002-04
売り上げランキング : 8453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■タイトルの「犬と鬼」は、中国の古典『韓非子』に出てくる故事。

皇帝が、「描きやすいものは何か。また描きにくいものは何か。」
と宮廷画家に問う。

すると画家は、「犬は描きにくく、鬼は描きやすい」
と答えたという。

つまり、おとなしく控えめな存在は、正確に捉えることが難しい。
しかし、派手で大げさな想像物である鬼は、誰にだって描けるものだということ。


それを踏まえて、以下本文から――――

現代の諸問題の基本的な解決は地味なだけに難しい。
ところが派手なモニュメントにお金をつぎ込むことは簡単なのだ。

電線を埋めることより、電柱をブロンズ色で被うことに金を出す。
京都市は、莫大な金を費やして、京都文化をあらゆる角度から否定した
新駅舎を造ったが、その中にちゃんと「カルチャー・ゾーン」なるものを設けた。

このようなことが数えきれないほど行われているのだ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――

■長い歴史と多くの文化遺産・自然遺産を有しながら、進むべき道を
誤ってしまった日本の姿が鮮烈に書かれている本ですが、今の日本を生きる
私たちにはとても読む価値の高い本だと思います。

この本を読み、文化的側面から現在の日本の真の姿を知り、これからの自分たちに
できることを考える。

そういう人が増えてくれることを願っています。


――――――――――――――――――
応援のクリックを頂けると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓
banner_21.gif

twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png


藤田一樹が経営するエクステリアやお庭の専門店「楓スタイル」のサイト(http://www.kaede-style.net)

お問合わせは
0949-22-4743
または
コチラのお問合わせフォーム
まで!!

theme : 日記
genre : 日記

セミナーのアンケート

11月17日に直方市で行ったセミナーについて、小・中学校で
教育の現場に立たれている先生方からの熱い感想が届きましたので、
ご紹介します。

参考:11月17日のセミナー


■当日の講演は、皆さんとても熱心に耳を傾けて下さり、質疑応答では
現在の子供達への教育の問題点や、これからの取り組みについて真剣に
議論するという、とても有意義なセミナーとなりました。

私も、教育現場の生の声を聞いて、今の子供達が抱える問題は、
親が悪いとか先生が悪いといった単純なものではなく、
とても複合的な問題が絡み合っていることが分かりました。

今後は、庭やコミュニケーションといった観点から、教育に貢献できる
ことはないかを探っていきたいと思います。


以下、受講者の感想です。
少し長くなりますが、ぜひご覧になってください。


◆庭づくりと地域のコミュニケーションづくりを関係づけて仕事をされている
様子やその後の意見交流での藤田一樹さんの話を聞き、ぜひ今度は福地小の
子どもたちにも話を聞かせたい、いっしょに土、木、植物にさわる活動を
計画したいと思いました。(小学校教諭)


◆庭づくりが、どんなふうに人権のまちづくりと重なるのか、はじめは
よくわかりませんでした。
が、藤田一樹さんの仕事の考え方をお聞きするとわかりました。

庭は切り口であって、「人」を考えさせられました。
自分のしたいこと、自分が望むことを庭で形にあらわすことで、
次の行動、意欲につながるように、学校の教育内容を考えるということですね。

福地小で藤田一樹さんが経験したことが、藤田さんのなかで、今どのように
生きているかのお話は、その場限りとならない筋の通った継続された
取り組みの総まとめのようでした。

資料にあった、美しい外国と電線だらけの日本の街並みの写真は、
目先のことだけに追われた忙しい学校教育の象徴のように思えました。
先に続く子どもの育ちを考えていきたいと思います。(小学校教諭)


◆造園、庭とコミュニケーションというおもしろい視点からのお話は、
とても興味深かったです。

「一つ行動を起こしてみよう」という言葉が心に残りました。

行動を起こすと、そこにまた興味がいく…。

今、コミュニケーションをとることが不足したり、とることが苦手
だったりして、友人関係をよりよく築いていくことがうまくできない
子どもが増えています。

それが、家庭内でもあるように思います。

今私たちは、学校で何ができるのかなあと考えさせられました。
まず一つ行動すること、まず何か仕組んでいくことから
始めなければと思いました。(中学校教諭)


◆庭づくりやガーデニングは好きでしたので、とても興味深く
お話を聞かせていただきました。

庭がコミュニケーションの場で、また、まちづくりであるという視点は
なるほどと思いました。

学校では、地域の方との花づくり、米づくりをしていますが、
ほとんどお膳立てを地域の人にしていただいた上に、花の苗を
植えたり、田植えや稲刈りだけをしています。

それも近年は、予算の都合と言って、地域の方との花づくりさえ
なくなってきました。

草取りをするときのように、子どもたちどうし、子どもと教師が、
土いじりをしながら、いろいろコミュニケーションをとることが
なくなったなあと感じます。

学校の中の教育もそうですが、自分自身も日々の忙しさに翻弄
されながら、好きな庭を見る時間、花を愛でる時間、咲いた小さな花に
喜びを感じる時間がなくなったなあと思います。

そういった余裕のなさが、子どもたちの心を育ててない要因の一つ
ではないかと思います。

教員以外の人の話をこんなにおもしろく聴けたのに、そんな方たちに
耳を傾けようとしない、できない、ゆとりのない教育現場の現状も
問題だと思いました。(小学校教諭)



■先生方の、「子供達により良く育ってほしい」という想いが
伝わってくる感想でした。

今後の展開として、小・中学校でのガーデニングの特別授業という
お話も頂いています。

自分のやっている仕事や考えていることが教育の役に立つのなら、
これほど嬉しいことはありません。

お声をかけていただければ何処へでも伺いますので、よろしくお願いします!


参考①:セミナーでの参考文献その1 「世界一の庭師の仕事術」
参考②:セミナーでの参考文献その2 「犬と鬼」


――――――――――――――――――
応援のクリックを頂けると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓
banner_21.gif

twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png


藤田一樹が経営するエクステリアやお庭の専門店「楓スタイル」のサイト(http://www.kaede-style.net)

お問合わせは
0949-22-4743
または
コチラのお問合わせフォーム
まで!!

theme : 日記
genre : 日記

直方市Y様邸エクステリア工事①

直方市Y様邸のエクステリア工事、着工しています。

既存の空間をリフォームして、新しく趣味とコミュニケーションの空間をつくります。


s-画像 079


s-画像 081


まずは、撤去工事から。

今から完成した姿を見るのが楽しみです。


――――――――――――――――――
応援のクリックを頂けると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓
banner_21.gif

twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png


藤田一樹が経営するエクステリアやお庭の専門店「楓スタイル」のサイト(http://www.kaede-style.net)

お問合わせは
0949-22-4743
または
コチラのお問合わせフォーム
まで!!

theme : ものづくり
genre : ビジネス

Garbage In, Garbage Out.

11月21日(土)はエリエス・ブック・コンサルティングの土井英司さんのセミナーでした。

参考:エリエス・ブック・コンサルティングHP


■今回のテーマは、「あなたの強みを最大化する インプット/アウトプット革命」
ということで、質の高いアウトプットをするためにはどんなインプットをしなければ
ならないのか、ということを勉強してきました。

結論から言うと、誰もやっていない(やろうと思わない)インプットを変態的な
までに継続すること。

言うは易し、行うは難しですが、真理であると思いました。

しかし、ただ単に、「とにかくやりなさい!」と言うのではなく、20代、30代、40代
それぞれに適した努力の方法や、起業家・リーダー視点での読書法、更には
中小企業の戦略、アウトプットに至るまで、感心・納得するトピックがテンコ盛り。

そして、懇親会では土井さんの横に張り付いて、セミナーや本では絶対に知ることの
できない夫婦論や教育論をインプット。

と、まさにお腹いっぱい状態で帰路に着きました。


■毎回のことですが、エリエスのセミナーでは、土井さんのお話はもちろん、
参加されている方々のレベルが非常に高く、とても有意義な時間を過ごせます。

著者の方や自分のビジネスで成功されている方も多数参加されていますので、
同じ空間と時間を共有しているだけで、自分の中にいい気が入ってくるような
感じさえします。


■Garbage In, Garbage Out.
ゴミを入れるとゴミしか出てこない。

インプットの重要性を改めて思い知ったセミナーでした。


20代は学びの時間。

これからも、自ら学びの多い空間にドンドン飛び込んでいきたいと思います。


「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー

草思社 2007-04-17
売り上げランキング : 11927

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



――――――――――――――――――
応援のクリックを頂けると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓
banner_21.gif

twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png


藤田一樹が経営するエクステリアやお庭の専門店「楓スタイル」のサイト(http://www.kaede-style.net)

お問合わせは
0949-22-4743
または
コチラのお問合わせフォーム
まで!!

theme : 日記
genre : 日記

プロフィール

藤田一樹

Author:藤田一樹
藤田一樹のプロフィール

■楓スタイル
〒822-0005
福岡県直方市永満寺2298-1
TEL:0949-28-9090
FAX:0949-22-4744
携帯:080-1715-0281
E-mail:info@kaede-style.net

お問い合わせ・ご相談は
お気軽に!
電話、FAX、メール、または
コチラのフォームからどうぞ。
http://www.kaede-style.net/contact/index.html


■■■■■■■■■■■■■■
庭・外構づくりの注意点や考え方が分かる、楓スタイルのホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kaede-style.net/


■■■■■■■■■■■■■■
最新の施工事例はコチラ!
http://niwaweb.blog16.fc2.com/blog-category-9.html

■■■■■■■■■■■■■■
■twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png

■mixi「kaede-style」でマイミク募集中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。