スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回デザイン勉強会レポート vol.2

――レポートvol.1の続き


2.デザイン

時代性からサクラを検証した結果、日本人は、サクラに対する愛により、
サクラを自在にデザインしていることが分かります。

そもそも、サクラの原種は、大陸から入ってきたものや自生していたものです。

その数は11種類。

それらを掛け合わせ、今までに作り出してきた新たな種は400以上!

こういった既存の素材を加工して新しいものを作り出すという行為は、
日本人の得意とするところでしょう。

戦後の日本は海外から様々な素材を輸入し、日本独自の技術や感性によって
加工し、質の高い品を創り出すことで経済・生活水準ともに爆発的な成長を遂げました。

ここでのキーワードは「独自の感性」です。

新しいものを創り出すときに、日本独特の感性というフィルターを通すことによって
世界レベルで付加価値の高いものが出来上がります。

「和様化」と言い換えても良いでしょう。

和様化のプロセスを辿ることによって、元来のものやサービスは洗練されていきます。


3.庭、ランドスケープとの関連性

サクラのデザインから見えてきた「和様化」というキーワードを基に、庭や
ランドスケープのデザインについて考察しました。

そもそも庭は、飛鳥時代の遣隋使や遣唐使などの往来によって、
大陸文化の影響を強く受けながら誕生したものです。

そして、都市においても自然とともにあろうとする日本人の自然観を背景に
庭園は中国や朝鮮半島のものとは異なる展開を見せていきます。

建築様式の変化や、その時々の宗教・思想などと密接に絡み合い、
日本独自の庭文化は創られていきました。

この過程はまさに和様化です。

和様化のフィルターということを書きましたが、通すフィルターは何層にも
重なっていて、どんな種類のフィルターを持ってくるかは自由です。

実際に庭やランドスケープをデザインする私達は、そのフィルターの役目を担います。

そこで大切なことは、フィルターである私達が多くの知識や経験、興味や感性を
持ち合わせていないと、価値の低いものしか生み出せないということ。

一見庭とは関連性のないことでも、興味や知的好奇心を持ち、自身に吸収していく
ことにより、新しいアイデア・デザインが生まれてくるのです。

その意味でも、今回「サクラ」から庭のデザインを考えてみたことは有意義でした。

次回も、また新しい視点からデザインの本質を捉えてみたいと思います。


――――――――――――――――――
応援のクリックを頂けると嬉しいです!!
↓↓↓↓↓↓↓
banner_21.gif

twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png


藤田一樹が経営するエクステリアやお庭の専門店「楓スタイル」のサイト(http://www.kaede-style.net)

お問合わせは
0949-22-4743
または
コチラのお問合わせフォーム
まで!!

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

藤田一樹

Author:藤田一樹
藤田一樹のプロフィール

■楓スタイル
〒822-0005
福岡県直方市永満寺2298-1
TEL:0949-28-9090
FAX:0949-22-4744
携帯:080-1715-0281
E-mail:info@kaede-style.net

お問い合わせ・ご相談は
お気軽に!
電話、FAX、メール、または
コチラのフォームからどうぞ。
http://www.kaede-style.net/contact/index.html


■■■■■■■■■■■■■■
庭・外構づくりの注意点や考え方が分かる、楓スタイルのホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kaede-style.net/


■■■■■■■■■■■■■■
最新の施工事例はコチラ!
http://niwaweb.blog16.fc2.com/blog-category-9.html

■■■■■■■■■■■■■■
■twitterでフォローする
↓↓↓↓↓↓↓
twitter-gold.png

■mixi「kaede-style」でマイミク募集中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。